上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おちゃつのちょっとマイルドなblogさんにて開催されている「2013年アニメアウォーズ」に勇気を出して、2回目3年ぶりの参加です


■最優秀作品:「新世界より 
     「新世界より」 一 [Blu-ray]
小説が原作のためなのか、「深い」と思いました。
そして怖かった。
「何が?」と問われると「人間」です。

キャラも魅力的で、またEDも2曲とも今でも気に入りです。


■特別賞:「スパロウズホテル
     雀
確か3分?5分?くらいの短いアニメだった気がします。
「特技は暗殺な美人フロント係」というだけでなんとなくどんな展開になるか予想は出来ましたが、茅原実里さんの可愛らしい声もあり以外に楽しめました。

■キャラ部門(男性):時縞 ハルト (「革命機ヴァルヴレイヴ」より)
     革命機ヴァルヴレイヴ 1(完全生産限定版) [DVD]
なんとなく評判がよくないヴァルヴレイヴですが、私はまあよかったかなと思います。
 その中でも、悩み苦しみつつも最後まで仲間のために戦い続けたハルトが私にとっての今年の男性キャラ1位でした。

次点は、なんだかんだ言いながらいつも力になってくれる深行君(レッドデーターガール)。
他は、下鴨総一郎さん(有頂天家族)とか、その息子弥三郎とか、
私の旦那(笑)だったマコちゃん(Free)とか。

■キャラ部門(女性):不破 愛花(「絶園のテンペスト」より)
     あいか
美人でスタイルが良く、頭もよくて男前な彼女に憧れます。
稀に見るいい女でした。

次点は母性溢れるマリア(新世界より)。
あとは純粋でまっすぐなアイちゃん(神様のいない日曜日)とか、
美タヌキ?の下鴨家の母(有頂天家族)とか、
可愛さにメロメロだった黒うさぎ(問題児たちが異世界から来るそうですよ?)・小鳩ちゃん(僕は友達が少ない)。

■キャラ部門(性別不明?):チェインバー(「翠星のガルガンティア」より)
     チェインバー
次第に人間臭くなっていったチェインバー。

「この状況の必然性を問う」、「その生命に最大の成果を期待する」、「くたばれ、ブリキ野郎!」
など、彼の名言は忘れません。  

■OP部門:「ViViD」(「ブラッドラッド」より)
       TVアニメーション「ブラッドラッド」オープニングテーマ『ViViD』
ノリノリでアップテンポなのがよかったです
      

■ED部門:ケセラセラ (「有頂天家族」より)
       ケセラセラ
穏やかな曲ながら、聴くとなぜか物悲しさと懐かしさが残ります。
この曲を聞きながら旅に出たいです。


今年も、つたなく下手くそな文章

でもまた参加できることを願ってます

2013年もいい出会いがありました。
スタッフおよびキャストの皆様に感謝です。

2014年も素敵な出会いがありますように。
スポンサーサイト
テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
おちゃつ様
コメントありがとうございました。

ネタバレにたってしまっていたこと、教えていただきありがとうございました。配慮が足らずすみません。

こんな、まだまだパソコン初心者の私ですが、また機会があれば参加させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

2014/01/13(Mon) 15:03 | URL | mk | 【編集
御礼
mkさんおひさしぶりですこんばんは。
今回また参加頂きありがとうございます!とても嬉しいです。

新世界より、すごい話題になっていたのは覚えていますが残念なことに僕は見てませんでした。なかなか異色な作品のようですね。機会があればチェックしてみます。

つたなく下手くそな文章なんてとんでもないです~。でも、できればキャラの死とかはぼかして書かれた方が良いかと(差し出がましいこと言うようですみません)。

ではでは、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしく。
できれば今後もこの企画を続けたいと思ってますので、その際はぜひまたご参加くださいませ~。
2014/01/06(Mon) 23:15 | URL | おちゃつ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。